【大賞】
作品名:明日にむかって 
撮影者:平 哲幸(春日市)
アヘン戦争と黒船来航の時間を進む小船。藍色の空と暗い海の対比が美しく映えます。一枚の写真で、見る人によって様々な印象を訴えかけてくるようだと、審査員の中でも満場一致で大賞に選ばれました。

___________________________________________________

【専門委員長賞】
作品名:フィナーレ
撮影者:山口 清(中間市)
富士山の遥か上空で炸裂する花火の光と、ライトアップによる光が砂像に複雑な陰影を与えています。砂像の大きさにも負けない花火の盛大さがよく伝わると大絶賛の専門委員長により、賞に選ばれました。

___________________________________________________

【イベント部会長賞】
作品名:砂像と虚像
撮影者:川西 梓(小倉北区)
逆さ富士ならぬ逆さ西郷隆盛と逆さ小松清廉が、蛍のようなイルミネーションと共に水面に美しく映っています。会場入口のプレートがそのまま不思議な世界の入口のような雰囲気を醸し出しており、イベント部会長の心をしっかり掴みました。

___________________________________________________

 【入選】
作品名:下関戦争
撮影者:坂本 計江(古賀市)

【入選】
作品名:くつろぎ
撮影者:福原 良一(佐賀県三養基郡)

【入選】
作品名:僕らは平成の元勲だ?
撮影者:池本 周司(小倉南区)

【入選】
作品名:開国のとびら
撮影者:小川 吾一(長崎県西彼杵郡)

【入選】
作品名:海上に漂うペリーの黒船
撮影者:古川 佐代美(八幡西区)

 

___________________________________________________