芦屋のいいものみつかるモールだよ!

HOME > 郷土雑貨 > 郷土雑貨

八朔とは旧暦八月朔日(ついたち)のことで、今では9月1日に行われています。
芦屋の八朔行事の起源はっきりしませんが、ただ、江戸時代の中頃には行われていたといいますから、約300年以上は、続いていることになります。初めての男児には藁馬に紙で作った武者人形と旗指物をのせます。初めての女児には米の粉を蒸した団子に彩色して人形ににした団子雛(だごびいな)を9月1日に座敷や表の間に飾り付けます。
多く作る家では、数百ものわら馬と団子雛を作ります。そして翌日の夜も明けきらぬ早朝から子どもたちが分けてもらいに走ります。この他大正の頃までは、木製や張り子の飾り馬を箱車に乗せて、後ろに竹笹を立てて町内を曳いて回る「ひき馬」という行事も行われていました。八朔の行事は国選択無形民俗文化財であり、わら馬は福岡を代表する民俗品の一つとして認められています。素朴な美しさを持つわら馬、そして子どもたちの健やかな成長を願うという愛情いっぱいのこの習わしがいつまでも続いてほしいと願っております。